大井多摩川府中京王閣ホームなのにアウェイ連戦その2

 そんなこんなでこの日は蒲田に泊って翌日は府中。
 蒲田から府中,というと,僕の頭には新宿経由しかなかったのですが,川崎から南部線という手段があったことを知りました。いや,知ってたのですが,蒲田と川崎が目と鼻の先という事実を知りませんでした。神奈川県は完全にアウェー地域なのであります。
 別の所にたびたび書いているとおり,NPは松屋信者なので松屋を求めて蒲田をうろつき,駅の逆側まで探すも見つからず。まあ結局翌日ホテルの近くで発見したんですが。
 で,松屋を求めてうろうろしている間に思ったのが,パチンコの入場待ちしてる人の多さ。パチンコはやったことがないのでシステムが分かってませんが,蒲田で数十人規模の入場待ちがいるということは,日本全国でみたら日曜朝のパチンコ入場待ち客の総数は相当な人数になるんではないでしょうか。なんとかここで暇そうに待ってる皆様に馬券舟券車券を売りつける方法はないかなぁ,と松屋を探しつつ考えていたのでありました。

 さて。まずは多摩川競艇。主目的は久々に牛炊を食べに行くことであります。
 府中本町は当然競馬場口から府中競馬に流れる客が大多数。多数派に逆らって多摩川競艇行きのバスに乗ります。ところで,バスと無料タクシー,どっちかに統一するわけにはいかんのでしょうか。行くたびに「タクシーにもう1人乗れますよ〜」という案内おじさんの声を聞いてる気がします。

 かつては競艇場西口に到着していた府中本町からのバスも,西口が閉鎖されて正門に到達。
 多摩川競艇場への行き方はJRなら府中本町,京王なら多磨霊園,西武なら競艇場前の3とおりがあり,お馬鹿NPはこの3つに加えて自宅から自転車の4通りで行ったことがあります。自転車のときは真夏に行ったので(当時夕方まで立川の都立図書館で勉強して京王閣ナイターに突撃することが多かったので,似た感じで昼に多摩川に行った)疲れ果ててソフトクリーム食べて2レースくらい負けてすぐに帰るという無意味なことをしました。多磨霊園から行ったときは,警備のおじさんに競艇客だと認知されずに目の前でバスに出て行かれたりもしました。
 そんな思い入れのあるホームプール多摩川競艇ですが,特に当たった記憶がないんだよなあ。海野の女子王座も生で見てたはずなんですが,誰を買ったんだっけ。

 そういうわけで,多摩川と併売の福岡周年をちびちび買います。1レース見たところ捲りが決まらなそうな臭いを感じ,2レース的中!も基本的に絞って買うのでその後は惜しい感じにスカ。福岡は話にならず。いやまあ,買わなきゃいいんだけど。
 で,いい感じにおなかが減ったので牛炊。多摩川競艇はもっと牛炊を売り出した方がいいと思うんだけどなあ。多摩地方の牛炊ってのはちゃんと歴史的背景もあるんだし,最近はやりのB級グルメとしての要件は備えてると思うんだけど。
入口
昔から緑だったっけ?
スタンドまで歩く 福狸
選手が客を化かすけど覚悟しておけ
ってことでしょうか
スタンド
東京競馬場に行き慣れてるせいであまり大きいと思ったこともないのですが,
地方の競艇場に行くようになるとなんだかんだ首都圏の競艇場なんだな,と感じます。
スタンドから入口方向 スタンド内 牛炊!!


 そして,牛炊を食べるという目的を果たしたので,東京競馬場に向けて出発。
 多摩川競艇から東京競馬場の南門までは歩いていける,という知識はありますが,実際に歩くのはこれが初めて。いい腹ごなしになりますな。
 歩いて行くと,5分くらいで中央高速の府中バス停を発見。こんなところにあるんですな。名古屋や山梨方面から東京競馬場と多摩川競艇場に行くには高速バスに乗って府中で降りるのがベストでしょうね。こういう発見があるから散歩は楽しい。

 おおよそ15分で東京競馬場南門に到着。携帯で日記を打ちながら歩いたので,歩くことに集中してたらもう少し早く着いたかな?しかし,南門から馬券を買える内馬場までもそれなりに距離があるんだよな。

中央道府中バス停 住宅街の裏をひたすら歩く
近所迷惑甚だしいな
「東京競馬場」の文字
ゴールは間近
南門

 で,バックストレッチをくぐって内馬場。
 府中の内馬場には,襷コースがあったころは当然襷コースから障害レース見てましたし,最後の東京障害特別なんかも行った記憶があります。また,かつて岩手場外があったので無駄に内馬場に遠征してた記憶も。しかし,新スタンドができて以来,内馬場には縁がないな。にしても,ここまで客が減った今,襷コース潰して作った販売所をもう一回潰して襷コース復活させてもいいんじゃないでしょうか。中京の改修するより有意義ではないかと。

 この日の府中メインはダートのブラジルC。クリーンを筆頭に大型馬が大集結。馬券は菊花賞も含めて全滅。
 東京競馬場については,パドックが見づらいとかジャンクフードが少ないとかまあそういう文句は昔からありますが,それ以外は特にコメントすることはなし。この日やってた博物館の馬券の歴史展がちょっと面白かった,というくらいかなあ。

誘導馬


甲斐路ステークス 3歳以上1600万下芝1800m
着順 馬番 馬名 性齢 重量 騎手 タイム 着差 馬体重 調教師 人気
1 6 ケイアイドウソジン 牡4 57.0 吉田豊 1:48.6   494 田村康仁 4
2 7 ロードアリエス 牡5 57.0 後藤浩輝 1:48.8 1 1/4 520 藤原英昭 3
3 9 スズジュピター 牡5 56.0 三浦皇成 1:49.0 482 高橋裕 5
4 4 レインフォーレスト 牡4 57.0 松岡正海 1:49.2 468 平田修 2
5 8 エオリアンハープ 牝4 55.0 田中勝春 1:49.3 3/4 438 宗像義忠 1
6 3 マイネルアトレ 牡5 55.0 柴山雄一 1:49.3 ハナ 454 中村均 11
7 1 アップルサイダー 牡6 54.0 高橋智大 1:49.5 1 1/4 494 伊藤大士 12
8 5 メジロラフィキ せん5 55.0 熊沢重文 1:49.5 ハナ 484 池江泰郎 6
9 2 ゴールディーロック 牡6 55.0 大野拓弥 1:49.5 クビ 454 柄崎孝 10
10 10 エフティイカロス 牡6 55.0 蛯名正義 1:49.7 1 1/2 480 粕谷昌央 8
11 11 ライオングラス せん6 53.0 北村宏司 1:49.7 ハナ 498 尾関知人 9
12 12 ブルーマーテル 牡6 55.0 五十嵐雄祐 1:50.0 456 菅原泰夫 7


ブラジルC 3歳以上オープンD2100m
着順 馬番 馬名 性齢 重量 騎手 タイム 着差 馬体重 調教師 人気
1 2 インバルコ 牡4 56.0 後藤浩輝 2:10.9   522 池江泰寿 2
2 12 エアマックール 牡5 55.0 伊藤工真 2:10.9 クビ 482 伊藤正徳 8
3 7 アドマイヤスワット 牡5 55.0 蛯名正義 2:11.0 クビ 506 橋田満 7
4 13 タマモクリエイト 牡5 53.0 大庭和弥 2:11.1 1/2 516 小原伊佐美 13
5 16 シビルウォー 牡5 57.0 吉田豊 2:11.1 ハナ 468 戸田博文 5
6 3 メイショウクオリア 牡5 56.0 長谷川浩大 2:11.1 ハナ 464 西橋豊治 6
7 6 メンデル 牡8 55.0 三浦皇成 2:11.3 454 梅田智之 10
8 15 トーセンアレス 牡3 54.0 田中勝春 2:11.3 クビ 472 鈴木康弘 4
9 10 グリッターウイング 牡3 54.0 鮫島良太 2:11.4 クビ 518 友道康夫 3
10 5 マイネルアワグラス 牡6 57.0 松岡正海 2:11.5 3/4 518 稲葉隆一 1
11 8 ラストアロー 牝6 51.0 田中博康 2:11.6 クビ 490 藤岡健一 9
12 11 クリーン 牡6 56.0 北村宏司 2:11.6 アタマ 610 音無秀孝 11
13 14 エプソムアーロン 牡6 54.0 柴山雄一 2:11.9 488 藤岡範士 15
14 1 ゲンパチタキオン 牡6 52.0 岩部純二 2:11.9 ハナ 526 中川公成 14
15 9 プレファシオ 牡3 52.0 熊沢重文 2:13.2 488 藤岡健一 12
16 4 マイディアサン 牡6 54.0 中谷雄太 2:13.3 クビ 496 田中清隆 16


 で,東京競馬(含菊花賞等の京都競馬)を全敗して,この日の飲み会までのわずかな時間を使って,京王閣に連戦。
 東京競馬場の東門(名前知らないけど東府中側の門)から京王閣に向けてバスでも出してくれたら便利なんだけどな。無駄に調布で乗り換えをはさむから疲れます。
駅前の入場口
 京王閣は直近では前年の競輪グランプリに行きましたが,基本的には夏のナイターに自転車で乗り込むことが多かったので,考えてみたらあまり長居した記憶がありません。まあ当時はまだ競輪勉強中であまり腰を据えて買ったりしてなかったのもあるんだけど。それでも一応京王多摩川からも南部線矢野口駅からも行ったことがあるので,そこそこの回数乗り込んではいるんだよな。以前あった競輪の全国共通ポイントカードでグランプリのDVDをもらったのもここだったな。
 まあそんなこんなで,この日はあとがつかえてたので1レースしか買ってません。安い2連単が当たりましたが,競馬全滅の後だったのでよかったよかった。というわけで,ホームなのにアウェイ連戦となった今回の旅も大円団を迎えたのでありました。めでたしめでたし。

 というわけで,無意味な京王沿線3競3連戦は終了。本当は京王閣の最終までいられたらよかったんだけど,なかなかそんな時間は作れませんな。
 あと,このあとの飲み会には福島県民さんを召喚するという無茶をやらかしてしまいました。お越しいただいたH君には感謝感謝であります。

旅行記旅打ちその1へ