2011年土佐黒潮牧場〜若手の台頭〜

 四国をあとにすることになり,個人的に慌ただしい日が続いているのですが,慌ただしさを加速させるかのように無理矢理高知行きをねじ込みました(引っ越しの用意もまだまだなのに・・・・・・)。なんせ,こんな時期に記念競輪開催するんだから・・・・・・。こりゃ行かないわけにはいかんよね。

 というわけで,時間を有効活用するために前日から高知入り。バスで降り立った高知駅は・・・・・・台風5号の影響を受けた豪雨のまっただ中でした。雨粒が重い。これはやばい。しかも,駅のキオスクが元気に閉店。傘を買う場所がない。確か駅の西にサークルKがあったと記憶してるのですが,ホテルまでの距離もたいしたことないので強行突破。
・・・・・・強行突破というのは,えてして大惨事を招くのであります。びしょ濡れ。ここまでぬれたのはいったいいつ以来なんだろうか・・・・・・。雨でメガネが使い物にならず,ホテルの場所を調べようにも旧携帯から変えたばっかりのスマートフォンだとワンタッチでホテルの地図が出てこない。死ぬかと思いました。お遍路さんってこんななか歩いてるんですよね・・・・・・。本当に心から頭が下がります。

 さて,ひぃひぃいいながらホテルに到達し,部屋に入ってとにかく素っ裸になって服を乾かします。シャツを絞ると水がドバ〜っと出てきます。どれだけの負担重量だ。こういう天気でも競馬やったりしてるんだよなあ。つくづくプロの選手はすごい。

 翌朝。なんとか下着や服は乾いていましたが,靴はまだ濡れており,グショッっとしております。もうどうしようもないな。
 あきらめて車を借り出し,いざ土佐黒潮牧場。何とか雨もおさまっており,このまま天気がもってくれることを祈りながら進みます。
 そして,10時過ぎに牧場到着。牧場の皆々様にご挨拶。

 前回牧場に来たのは昨秋の親睦会のときでしたので,当時からレパード厩舎に3頭の若い衆が仲間入りしております。アドマイヤスバルはどうもかなり馬っ気がひどくてやんちゃなようです。まあつい最近まで現役だったからなぁ。去勢はしない,という牧場方針である以上やんちゃさはやむを得ないところ。

 そして,ラムタラ産駒ゴールデンメイン。夏バテ気味の様子でありました。お父さんに似てますね。お母さん知らないけど。ちなみに,Wikipedia(日本)のラムタラの写真は約10年前に北海道に行ったときにNPが撮った奴が使われております。びっくりですね。
 カシノヨウスケは「お母さん(カシノリファール)の方が印象深いですね〜」と話したところ,「皆さんそう言う」のだそうです。ヨウスケくんごめんなさい。

前回の親睦会時は物置だったレパード厩舎が満杯 30度は超えてませんが,蒸し暑い!! ゴールデンメイン ひたすら左右に揺れるメイン アドマイヤスバルと戯れるメイン 今度はカシノヨウスケと戯れるメイン

 で,ロートル厩舎(失礼)ではいつものメンバーがいつものように楽しそうにしておりました。まだまだ若手には負けていられません。元気にやっててくれよ〜。
 コクオーまだまだ元気でね〜。

丸くなるコクオー セキトバ ラガー
Let it be コクオー
相変わらず噛むガイモン
(不勉強なATOKは害門と変換しやがった・・・)
チャンストウライ
コクオー
コクオー ラガー
ラガー 懲りずにコクオー
レットイットビー 2頭並んで 外から お元気で!

 それにしても,雨が降らなくてよかったよかった。
 あと,某所であたかもNPが宝塚のローズキングダムを積極的に勧めたかのような記載がありますが,「配当的におもしろい」と言っただけですのであしからず。天気ふまえないと駄目な馬だしね。

 その後,高知駅に戻ってレンタカーを返します。途中,朝倉神社なり秦神社・雪蹊寺なり青龍寺なりに寄ろうかとも思ったのですが,時間があまりないのと雨に降られたら面倒なので直行。そのくせガソリンスタンド探して彷徨ったのですが。

旅行記高知競輪場へ