姫路遠征記

2012/7/16。現存する国内の競馬場を全踏破するべく、姫路競馬場に行ってきました。

GWの門別・帯広遠征、5月平日の園田遠征でリーチがかかっていたもので。7/16は本当に珍しい姫路の祝日開催だったのです。

7/14-15は山中湖でテニス合宿。テニスして、飲んで疲れました。そこからの姫路転戦。ラケットかついで遠征とかツアー転戦みたいで素敵ですね。

御殿場駅までしゃとぅーに車で送ってもらい、そこからはじゃそぼさんとの二人旅。御殿場線→新幹線と乗り継いで、17時くらいに姫路到着。新幹線を使うと楽ですね。

ホテルにチェックインしてから、飲みへ。一次会は菜八。ここが美味い店でした。地元の魚介類が大当たり。シャコ、グエ、岩ガキ、鱧。すべて美味くて満足。

疲れていたので、二次会は開催せずに鉄火巻(勝三寿司)を買って、前夜祭は終了。鉄火巻も美味かった。

翌朝。

まずは姫路城へ。平成の大改修中ということで、事前予約して天守閣の工事現場を見学です。

壁の漆喰の塗り替えや、瓦の葺き替えを間近で見学。貴重な機会ですね。それにしても姫路城の縄張り、石垣は最高です。何度見てもいい。今回ももえもえしました。

改修が終わったら、また行きたいですね。

姫路城からは市バスで競馬場へ。暑くて駅前のファンバス乗り場まで行く気力がなくなったもので。

10分くらいバスにゆられて、競馬場前で下車。いよいよ、あこがれの姫路競馬場です。思わず入口で写真を撮ってしまいました。

これにて、現存する国内の競馬場を全踏破です。初めて中山競馬場に行った1996年から16年。ようやく達成しました。

いろいろな競馬場に同行してくださったみなさん、ありがとうございました。白馬的には個人で全踏破は1人目ですかね。頑張りました。

今回は全踏破記念ということで、バコって特観席に入りました。2000円なり。

この特観席ですが、非指定席(自分で新聞で席を確保)&禁煙席が狭い(しかも完全な分離ではない)といまいちでしたが、暑い季節はクーラーがきいているのでまあ許せるってレベルの席です。

そして、この特観席。レースのたびにガラガラってすごい音がする引き戸を開いて(K成中学の旧校舎を彷彿とさせる引き戸)、スタンドに出ないと本馬場が見えません。この昭和の感じがたまらないです。

本馬場は右回りで、地方にはありがちの大きさの競馬場です。驚いたのは、ちゃんと大型モニター(ターフビジョンっていうのか?)があること。この昭和の感じの競馬場なので驚きました。結構、地方にはビジョンがありませんからね。

午前中のレースが終わって、昼飯へ。

この競馬場は入口近くに専用の食堂棟があるのです。事前の予習では、おばちゃんの客引きがすごいとのことでしたが、この日は年に1度あるかないかの大混雑。なにしろ、めったにない祝日開催ですから。

ということで、おばちゃんたちは忙しくて客引きどころじゃなかったです。悠々と店のメニュー物色することができ、1番奥のお店で、名物っぽいアナゴ丼をいただきました。美味しかった。ただ、競馬場じゃなくて、街中だったらどう感じたのかなと。

午後は未確定の馬券500円以上で参加できる抽選会があったので参加したものの、参加賞のルーペ(じいさん向け)しかあたらず。河原JKらのサイン入りパンツが欲しかった。

肝心の馬券ですが、2Rの「ジャンボツヨシオー」に突っ込んだものの、これがこなくてもうダメ。難しいですね。

という、姫路競馬場でした。

これにて国内全踏破ですが、

あくまでも通過点

と考えています。次は海外に打って出ます。目標は矢野アナ超えですね。

ちなみに姫路競馬場の後は神戸に移動して、1人飲み。

次の日はレンタカー借りて、竹田城・生野銀山と観光しました。こういう観光も旅うちの醍醐味ですね。

旅行記旅打ち