2000年代代表馬

 2010年ですね。早いものです。2000一桁代が終わってしまったので,せっかくだから振り返ろうと思って2010年白馬新年会(2010年1月3日白馬マックにて開催)で唐突に話題をふってみました。時間的・ノートパソコンの電池的に限界だったので,極簡単な集計です。

 その名の通り,2000年代に一番優秀だと思う馬を,各部門ごとに挙げるだけです。2歳なら,2歳時のインパクトのみで判断。早熟だからって何が悪い。

受賞馬 次点
年代代表馬 ディープインパクト ウオッカ
最優秀2歳牡馬 アグネスタキオン スーニ
最優秀2歳牝馬 ブエナビスタ ビービーバーニング
最優秀3歳牡馬 ディープインパクト テイエムドラゴン・トーシンブリザード
最優秀3歳牝馬 ダイワスカーレット ファインモーション・シーザリオ
最優秀4歳上牡馬 ディープインパクト テイエムオペラオー
最優秀4歳上牝馬 ダイワスカーレット ウオッカ
最優秀高齢馬 カンパニー タップダンスシチー
最優秀セン馬 カラジ トウカイポイント
最優秀障害馬 カラジ ゴーカイ
最優秀ダート馬 クロフネ カネヒキリ
最優秀短距離馬 デュランダル カルストンライトオ
最優秀逃げ馬 ダイワスカーレット イングランディーレ
最優秀追い込み馬 ブロードアピール デュランダル

 というわけで,結果,上記のとおりとなりました。2000年代唯一の三冠馬ディープインパクトが2000年代代表馬の栄誉に輝きました。強さのダイワスカーレット・インパクトのウオッカ,という構図はここでも見受けられますね。もちろん,このテの集計をとると(2009年と2010年で区切れてしまう)ブエナビスタのような馬に不利になってしまいますが,まあ遊び集計なので堅いことは言わない。

 以下NPの個人的なコメント。
 私情を抜くと,代表ディープインパクト・次点ウオッカは妥当かな,という感じです。オペラオーは1999年の三冠レースが切れる点でやや落ちますね〜。ただ,古馬G1パーフェクトは2000年なので個人的に古馬牡馬はオペラオーじゃないかと思います。
 3歳牝馬部門でスティルインラブが無視されてる理由は忘れました。
 クリスエス・ロブロイあたりが完全になかったことになってるのはちょっとかわいそうな感じもしますが,まあ仕方がありません。
 逃げ馬は強さのダイワ・インパクトのイングランディーレでわかれましたが,2009年のエリ女のせいでイングランディーレの春天のインパクトが若干落ちたのが痛かったと思われます。
 根岸Sだけで2000年代を代表する追込馬の座を獲得したブロードアピールはさすがです。あのレースは結果分かってるのに,何回見てもびっくりです。
 そして,ビービーバーニング。白馬に目をつけられたばっかりに……。ラブミーチャンがこうならないことを切に願います。

back