名波浩引退試合(2010年1月10日)

 福田の引退試合についても(自分の記録のために)何か書こうと思ってた記憶は鮮明に残ってるのですが,結局書かないまま今に至ってるなあ……。北澤については(思い入れが福田より少ない分)簡単にさらっと書いたんですが…。
 というわけで,人生で「引退試合」に行くのは,福田,北沢に続いて名波が3人目なはずであります。

 まず。大問題なのが松山→エコパという辺境から辺境への大移動。土曜仕事という悪条件の中,選択したのは松山→名古屋の深夜バス。そこから浜松に乗り込み,午前中は浜松観光,午後エコパという流れにすることにしました。

バス待ちの列
 で,浜松観光記はまたいずれ書くとして(=書かないフラグ),午前中に浜松観光を終えたNPは愛野駅からの徒歩ではなく,浜松駅からのバスを選択。
 が……当然というべきかなんというべきか,バス停は行列。まあ,思ってたほど長い列ではなかったのですが…。で,この行列の中,なぜかバスは10分おきに定時発車。もうちと柔軟な対応はできなかったのでしょうか……。まあ,多分浜松のジュビロショップ?の予約席があったためだと思われますが…。どこかから臨時のバスは調達できなかったのか……それとも,ここまでの来客を見込まず,バスを確保してなかったのか……。
 約70分,立てば早くバスに乗れたのですが,NPとしては睡眠を確保しないと大変なことになりそうだったので,座って行きました。そのせいで出発が40分程度遅れて……

エコパ!
 エコパに到着。
 グッズショップは……荒らされた残骸でした。公式プログラムまさかの完売。記念グッズ詰め合わせ限定1500って何がしたいのか……。福田の引退記念ユニを完全注文販売したレッズを知ってるだけに,同じような感じだと読んでた自分が甘かった……(最初のバスに立ち乗りしてたら買えたのかな…)。結局,公式プログラムは何部発行してたのでしょう?「ジュビロのためにも(ジュビログッズを)買ってくださ〜い!!」と叫んでいた店員さんに同情。

 到着は2時20分ころでしたが,席はかなり埋まっていて,結局バックのアッパースタンドに陣取りました。
 感想。思ってたよりジュビサポが少ない?それとも単にジュビロのユニを着てないだけ?ヤマハとエコパだから雰囲気が違って見えるだけ?
 そして,セレッソの弾幕はあれど,ヴェルディはどこに?バック側の(陰に隠れて)見えないところにあったのかな?(名波の今の立場上仕方なかったのかもしれないんですが,試合中セレッソやヴェルディ時代のチャントが流れてもよかったような……。サポ同士裏でどういう話になってたのかな?)
ジュビサポ セレッソ 引退試合!
 そして,しばらくして選手紹介。
 ジュビロの全盛期のメンバーを聞いていて思ったのは,やっぱりなんだかんだ言ってもサッカーはディフェンスラインがしっかりしてるチームが強いんだなあ,ということでした(初優勝時のレッズのDF陣は言うに及ばず)。ジュビロと言えばやっぱり中盤のイメージが強いですが,DFのメンバー聞いてたらやっぱりなあ,という感じでした。大岩が鹿島に移ったのがいつだったかとかはよく覚えてませんが。

 で,さらっと紹介された「脇田寧人」が何者なのか一瞬判断できなかったとか,福西故障のため招集されてた成岡を「あ〜成岡も完全優勝のメンバーだったんだ。もっと若いイメージだった。」と感心してたとか,まあそんなお馬鹿も晒しつつ……。
 その他,土田と矢部も出場。へ〜。ヒデが出るんだから朝青龍もでないのかな,とか思ってましたが,さすがに初場所サボってこっちに出たら内舘ばあさんの怒りが大爆発しちゃうだろうな…。
 ミスチルの桜井さんは,まあ九分九厘どこかに出てくるであろうことは皆予想してたと思いますが,国歌独唱かぁ。これまでの引退試合って国歌斉唱してたっけ?まあ,さすがの歌いっぷりは,いつかどこかでやらかした相川さんに是非とも見習ってもらいたいものです。しかし,まさか桜井さんも試合に参加するとは……。

 で,俊輔からの祝福コメント中,なんかジュビサポが太鼓鳴らしててゴール裏から「聞こえな〜い」という声が聞こえたり……。あれは何がしたかったんだろうか…。それとも,ジュビロと俊輔になんか因縁があるんかな。
選手紹介。日本の10番。 壮観です 桜井さんの国家独唱 俊輔コメントとジュビロのデカ旗

 という感じで,キックオフ。
 いやぁ。目立つのがヒデ。すごいすごい。現役引退って何年前?という感じの鋭いプレー。伊達に朝青龍とサッカーしてないですな。
 そして,ヒデと違う意味で目立つカズとゴン。エンターテイナーとして超一流だと感じさせる(フェイントして笑いが起きるのはカズ以外にいないだろうな…)プレー,そして,現役続けて大丈夫なのか不安に思わせるプレー。でも,やっぱりプロである以上エンターテイナーでなきゃなあ。その意味でカズとゴンはやっぱり超一流の選手だと思いますし,ある意味全体的なレベルが底上げされた今の日本で,ここまで個性持ったエンターテイナーが出るのは難しいのかもしれないな〜。
 前半は,桜井さんもインタビューで言ってたとおり,名波が日本代表側にいたせいもあってか,ジュビサポが対処に困ってる感じでした。考えてみたらA代表の試合を見に行ったことがないのですが,アイーダとかはテレビ見てても記憶にあるのですが,代表戦って選手個人のチャントとかやってないんでしたっけ?
 というわけで,チャントもあまり流れず,静かな観客だったのですが,その分,いいプレーやチャンスのときなどは観客の歓声がダイレクトに響き,またピッチ上の選手の声も聞こえてきて,非常に新鮮でありました。

 しばらくして矢部投入。個人的には,花試合といっても,(元)プロ選手にやってほしかったのですが,矢部さんは空気を読んでFKを取ったりしていて,大きな違和感を生じさせないプレーでした。レッズサポ土田は違和感は生じさせたものの,笑いを取って試合に貢献してました。それにしても,相変わらず名波のFKは凄い。僕の記憶が正しければFKは矢部と柱谷の2回しかありませんでしたが,もっとファール取ってFK蹴ってほしかったなー。
 試合が終わってから思うのは,「サッカーは楽しいものだ」「サッカー経験とは関係なく,楽しくサッカーをすればいい」という名波なりのメッセージがこめられてたのかな,ということであります。
 それにしても,相変わらず秋田のヘッドは打点が高い。

 後半は藤田名波という懐かしの(憎き)ジュビロ。
 端から見てても凄いと思えるパス回しがあり,サイドへの展開などもジュビロだなあと懐かしく思えるものでした。

 そして。最後のボレーシュート。
 一瞬,何が起こったのか分かりませんでした。ドンぴしゃのクロスを上げた山西も凄いし,それを決めた名波も凄い。空気を読んで止めなかった洋平もエライ?
 いったいどこまでシナリオにあって,どこからシナリオになかったのかは分かりませんでしたが,最後にあんなにきれいなゴールがきまり,そこから胴上げエンディングとは……。夢か幻か。
 最後は明らかにできすぎではありましたが,サッカーというのは楽しいものだ,ということを再認識できた試合でした。何を隠そう,2009年は1試合も見に行かなかったダメ人間なのでありますが(広島戦が都合つかなかったのが大きい),今は早く開幕して,愛媛FCの試合を見に行きたいと思っております。久々に,「サッカーを生で見たい」という欲求が呼び起こされました。これこそが引退試合の目的の1つであったのだと思います。本当に,楽しく,素晴らしい試合でした。

 最後の挨拶も,笑いを取りつつ,ジュビロへの愛情もよく分かる,いい挨拶でした。いろんな思いが浮かんで,自然に涙ぐんでしまいました…。福田のときとは違った涙だな…。
 最後にスタジアムを1周する名波を見て,ゴール裏でジュビサポと名波の最後の別れを横目に,レッズサポであり名波信者でもあるNPは,愛野駅に向かったのでありました。何とか終電で松山駅に辿り着いてよかったー。
試合終了! 両チーム入り乱れた胴上げ後 選手整列 ジュビサポ
スーツ!のカズ MVPに輝いた鈴木秀人。お疲れ様でした。 整列
名波挨拶 最後に一周する選手達と名波
胴上げ…の撮影失敗 エコパ!

 最後に。
 名波という選手は,自分の中の神サッカー選手ランキング2位(1位は言うまでもなく福田で,3位はエメ)です。(サッカーに限らず)名波のような広い視野・鳥の目を持ってプレイできるというのは,NPにとって一種の憧れであります。そして,自分の目指す人間像は,中田ヒデ型ではなく,名波型なのであります(どっちもほど遠いのは分かってるので突っ込みはいらない)。
 ドーハ→マイアミ→ジョホールバル→フランス→アジアC→2002年という,日本サッカーの熱狂をリアルタイムで体感できたのはとてもラッキーなことだと思いますし,その中で名波という素晴らしいプレイヤーを見られたのは自分にとって本当にラッキーだったと思っております。2002年も,名波の怪我がなく,名波が代表にいたら日本代表の姿はきっと違ってただろうと確信しているし,また代表でのヒデの姿も大きく変わっていただろうな(そしてドイツでの日本代表も変わっていただろうな)と思うのであります。

 例によって文章にまとまりがないですが,これも素晴らしい引退試合を見た興奮の名残ということで……。

 とにもかくにも,今までお疲れ様でした。
 今まで見せてもらった素晴らしいプレーと,素晴らしい選手達による素晴らしい引退試合に感謝。

back/dairy/travel