ベトナム旅行記2005

 2018年ゴールデンウィーク,いろいろ考えた結果,ホーチミンに行くことにしました。で,実は自分は2005年にベトナムハノイに行ったことがあります。
 このハノイ旅行は,学校の研修のようなもので行っており,旅程の設定に際して私はまったく意見を入れておりません。それゆえ,なにもかもが記憶から吹っ飛んでおり,ベトナムに行く前に一度復習しておかないと,人生でこの旅行を見直す機会は二度とこないだろう,と考えたのであります。
 今あらためて当時の写真を見ると,まあもちろんいろいろと懐かしく,あの頃は夢も希望もあったなあと思うのであります。そりゃアラフォーが10年以上前を振り返るんだからどうしたってそういう目線になりますわな。

 てことで,ベトナム初日。学校の研修であるため,いいホテルに泊まっております。なので,周囲の家を見下ろすような場所になります。
 家の上に貯水タンクのようなものが設置されております。おそらく雨季と乾季とで降水量が違っていて,乾季用に備蓄してるのではなかろうか。


1.ハロン湾

 さて。ハノイ観光の目玉はハロン湾です。
 なにがびっくりって,思ったより残された写真が少ない。今の自分ならここだけで100枚くらい写真撮りそうなものなんだけど。そして,イマイチどういう順番で観光したかが分からない。洞窟に行ったことなんて,本当に写真を見返すまで完全に忘れてました。しかも,これ,もしかして途中の島にある洞窟なのか。完全に記憶からぶっ飛んでおりました。通りで写真の順番が変だと思った。洞窟の名前は,ティエンクン(天宮)洞窟というようです。
 それにしても,当時の自分の技術とカメラの限界で,写真が酷いな。まあ,仕方ない。
 今でも覚えているのは,教員が「今までハロン湾に行った人はみんな下痢して帰ってきてる」と脅してきたことで,そのため同行者の中には提供された食事に全く手をつけなかった人もおりました。もちろん,私は目の前に大量に食事が出てるのにそれを無視するなんてことはできず,火の通ったものはおいしくいただきました。で,きちんと下痢することなく帰還いたしました。はっはっは。

停泊する大量の船 この,島と船という姿がなんともいえない
上へ 洞窟
色鮮やかにライトアップ
上の光が入るのがポイント おっぱい型の岩
これがウリっぽい
この角度の眺めがよいな
印象的なゴミ箱
ベトナムとペンギンって,気候的に全く相容れないように思うけど
上からの眺め 乗った船 多分,洞窟から戻ると食事がセットアップされている,
ということなんじゃなかろうか
船のトイレはこんな感じ 船からの眺め 物売りの船

 ってなわけで,ハロン湾という世界遺産を攻略しました。個人的に,海と島と船という景色は大好きなので,ハロン湾もいい船旅だったというおぼろげな記憶はあります。それにしても,洞窟関係の記憶が完全に吹っ飛んで他のには我ながらびっくりしました。おっぱい岩だけかろうじて覚えてたけど,多分どこの洞窟かは記憶が混同してるな......。

2.町歩き

 戻って,ハノイの街を歩きました。歩きました,以上の記憶はありません。夕食は,INDOCHINEというお店で食べました。しかし,食べた料理の写真が残っておりません。ううむ,当時はインスタ映えなんて言葉どころか,インスタグラムすらなかったからな。確か,この店はなんかベトナムの人の接客等を教育する目的も兼ねてる店じゃなかったっけか。もう記憶が減退しすぎてぐちゃぐちゃです。ここは高級店なので,水や生野菜もOK,という触れ込みだったはず。実際皆さん無事だったはずです。
 確か,外で花火があがって,「たまやー」という言葉を店員さんに教え込んだのはこの日じゃなかったかと思うのだけれど,どうだっただろうか。記憶が……。

トンニャット公園の湖の夜景 物売り かろうじて残されていた
レストランの痕跡

3.マイチャウへの旅

 2日目。少数民族のいるマイチャウ村への1泊旅行へと向かいます。もはや当初の研修の目的が遙か彼方に吹っ飛んでおります。この辺のプラニングは,さすがイけてる女子,という感じですね。NPにやらせたらハノイの中でぐるぐるしてたと思います。

 ちょっと謎なのが,自分たちが1日目昼から1日中マイチャウにいたのかどうか,ということ。途中にバス移動してる形跡があるので,もしかしたら昼をマイチャウで食べて,どこかに移動した?それとも,昼は別の村で食べた?
 ツアー会社が10年以上経ったいまと同じ旅程を組んでるかはよく分からんのですが,今のツアーだと昼も夜もマイチャウでとってるな。じゃあ,それでいいのだろうか。
 そして。気になるのが,モン族の村の特徴である,高床式の建物の写真がないこと。これ,もしかして,本当に自分は何も分からずにくっついて行ってるだけだったんじゃなかろうか。今だったら現地でもネットに繋がってるから色々調べるんだろうけど。

村の景色
さとうきび にわとり かえる

 昼です。どこかの家(を使った建物)に乗り込んでバナナとおちゃで休憩してます。これはどことなく記憶にあります。
 そして,昼は別の場所で椅子に座って食べてます。これもどことなく記憶にあります。ただ,どこで食べたのか全く記憶にない……。

お茶
手前のものがなんなのかは
記憶にございません
テレビ 扇風機 装飾 バナナ


昼食。ベトナムは基本的に猫飯である,という説明を受けた記憶がある

 昼を食べた場所からさらに移動。この移動した先がマイチャウなんじゃないかとおもうのだけれど,となれば,昼を食べた場所はマイチャウちゃうんちゃうかな?
 ここで,みんなで地元の服を買ったのを覚えてます。うん。そして,村のどこかでサッカーしてる集団に混ざったのも覚えてます。うん。それしか記憶にないぞ。

車窓から
道路にも落石がありそうで油断できない
町歩き
農村風景
これだけ切り取ると,日本と言われても分からないように思う
高床の1階で布団干し 街の入口には
門のようなものがある
ツーリストセンター
これを撮ってたので
行った村の名前が
記憶喚起された
これがなかったら
「マイチャウ」という名前すら
出てこなかったのであります
石の家もあります このあたりの
(観光客用)トイレ
ガソリンスタンド 農村風景 アヒルがたくさん みんなで地元の服を買ったのは覚えてる

 夕食〜就寝へ。民族舞踊的なモノの披露がありました。当時使ってたカメラでは,明るさ的な限界がきつい。

夕食 ダンス
ダンス&ダンス
ダンスダンスダンス こんなの吸ったりした
(中身は多分お酒)
蚊帳釣って就寝です

 追記
 あらためて地球の歩き方を見て思い出した。バッチャン村!ここに行った記憶があるぞ。名前にどことなく記憶がある。
 そうだったそうだった。でも,陶器の村っぽい写真が全く残ってないぞ。ううむ。謎だ……。


4.どこかの市場

 3日目。どこかの市場に行きました。どこかはさっぱり覚えていません。確か同行者と一緒になって頑張って値切って敗北した記憶があります。
 そのとき入手した紐はまだ保存されております。


どこにでもいる
キティちゃん…もどき

これもPUMAじゃないだろうな

今風の絵のノート

5.昼食

 そこからさらに移動してます。どこだこれ。もしかしたらマイチャウに戻ってきた?

高床式の建物 牛〜〜 にわとり〜〜 自転車〜〜 牛〜〜 景色〜〜
川〜〜 即席で橋をつくる 景色〜
建物〜〜 お店〜 バリボー〜〜

 そして,この日の午後の写真がいっさいありません。私はいったいどこでなにをしていたのでしょうか??
 なんか女子部屋に乗り込んでたのってもしかしてこの日の夜でしょうかね??

6.ハノイ

 てっきりこの日の午後の写真かと思ってExif情報を見てみたら,日付が変わっておりました。
 ううむ,まったく記憶が無い……。

 ただ,Kさんとハノイ市内観光の旅に出たこと,フォーを食べたこと,中華系の建物にいったこと,は記憶に残っております。裏返すと,それしか記憶に残っておりません……。

ふらっと入った店
ベトナム航空のお手ふが用意されておりました。
多分,ホアンキエム湖 9月2日はベトナムの国慶節
建国記念日ですね
2005年9月2日は
建国60周年でした
(訪れたのは9月5日)
玉山祠
ここに行くのに面白い門を抜けたり
テーフック橋を越えたりしないといけないはずなんだけど
ま〜〜〜ったく写真が残っていない
自分らしくないったらありゃしない
亀の剥製 ホーチミンがnational resistance
を求めたことを記念した像
なのではなかろうか
街並み

 ここから移動。バイタクに乗ったことだけ記憶にあります。
 写真を見る限り,このあと向かった先は文廟ですね。いわゆる孔子廟です。これも,なぜか思った以上に写真が少ない……。今ネットを見ると,文廟門からはじまる区域のようなんですが,文廟門の写真がない……。多分,行った時点でここが孔子廟だ,っていう意識すらなかっただろうしな……。困ったもんだ。


 そのあと,街をうろついて本屋に行ったことだけは記憶にあります。ドラえもんの本は買ったので写真に残ってます。友人向けにコナン君の本を買ったことも記憶にあります。ううむ,それしか記憶にない……。



街の様子 フォー
フォーに乗せる香草だけで
おなかを壊さないか
おびえていたのを覚えてます
線路と踏切 ドラえもん 研修の主目的

 てことで,夜は真面目に過ごして,終了であります。

ベトナム旅行記2005その2へ


旅行記TOP