長岡編

 蛭ヶ小島から伊豆長岡まで、3人でくだらない話をしながら歩き、行き過ぎそうになりつつも、伊豆長岡駅に到着。
 といっても、目的地は伊豆長岡駅ではなく、伊豆長岡温泉でありまして、温泉地までは駅からそれなりに歩かねばなりません。
 もちろん、バスという便利な交通手段も用意されておりますが、我々は若さを発揮して、歩くことに致しました。まあ、多少疲れても、温泉が待っていてくれるのです。疲れた方が温泉に入る甲斐があるってもんであります。
長岡駅付近 メインストリート
「ファミコン」の文字に
懐かしさを感じて
撮ってしまいました
狩野川 温泉街入口
 途中、ヤオハンが行方不明になる等のアクシデントや、バスに追い越されるというまあ想定の範囲内の自体も起きましたが、無事目的地、湯屋光林に到着。は〜やれやれ。
湯屋光林
 早速、温泉に入ります。
 温泉は内湯1つ、檜の樽湯1つ(露天)、その他露天3つであります。サウナもありましたが、結局入りませんでした。また、別途有料の岩盤浴もあるみたいですが、これまた入っておりません。
 温泉、やっぱりいいですね。グダグダと2時間くらいだべってたんでしょうかね?
 風呂から上がったときには、いい時間になっておりました。

 というわけで、次は食事です。
 我々は素泊まりコースです。で、食事は、といいますと、韮山反射炉の蔵屋鳴沢というお店に行くことにしていたのであります。ここの反射炉ビヤ、というのが有名らしいです。まあ、僕は酒を飲まないのでどれほど有名なのかはよく分かりませんが。
 料理は網焼きが有名なようで、僕はこれ目当てでありました。
 で、料理ですが、いやぁ、これもおいしかったです。語彙不足につき、味を上手く表現できませんが。魚の干物のコストパフォーマンスは素晴らしいです。
外観 反射炉ビヤ 店内 わくわく
じゅーじゅー 外観
ビヤ工場 外観 江川さん 奥に見えるのが反射炉
 まあ、そんなこんなで、腹八分になって宿に戻りました。
帰りがけに歩いた道
「三遊亭」と「かつら」が
並んでいたのでパチリ。
多分狙ってるんでしょうね。

 実は、indexページにも書きましたが、直前の日産スタジアムで喉(というか気管支)をぶっつぶしたへたれNPは、咳き込みまくっておりまして、宿の近くのセイジョーでトローチ買ったりしてました。このセイジョー、ライトアップがすごいです。近所から苦情が来ないのか不安になってしまいます。余計なお世話ですね。

 宿に戻った後、テレビと戯れ、もう一度温泉に入り、カップラーメンを食べて就寝。
 僕は咳き込みまくってたので、おそらくお2方には大変迷惑をかけたと思います。この場で陳謝。

 翌日。
 O氏は朝も温泉に入ったようです。僕は病状が芳しくないので体力回復のため自重。寝てました。
部屋から撮った景色

 で、宿をあとにして、ブランチを食べに、沼津へ向かいます。
INDEX 三島編 韮山編 沼津編 小田原編